佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム HPはこちら 秋田県 由利本荘市 市議会議員 佐藤勇のfacebook 佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム 議会報告はこちら

修正動議提出・新消防庁舎建設の基本設計委託料

平成23年7月27日 臨時議会

  平成23年第4回由利本荘市議会臨時議会 午前10:00開会

 臨時議会提出議案は、平成23年度一般会計補正予算・集落排水特別・
簡易水道特別の各会計の専決処分報告と23年度一般会計・集落排水・
簡易水道の各補正予算その他でありました。
 修正動議は、議案136号の平成23年度由利本荘市一般会計補正予算
第7号歳出において第9款第一項消防費1,600万円を減額し、そして減額
した消防費1,600万円は、14款の予備費に繰り入れ、予備費を増額とするもの。
 ※ 新消防庁舎建設の基本設計委託料としての1,600万円です。 
 6月議会で取り下げした議案を一ヶ月も経たないこの臨時議会に
再度提案したもの、これは私達が前々から指摘してきた事です。
建設ストップでは無く、より綿密な調査研究を重ねてより高規格高機能の
消防施設整備を計画していただきたい一心からでありますことを
申し添えておきます。現在の消防庁舎が老朽化、狭隘であり活動に
不便を感じ、耐震上安全でないと言うことは誰もが理解しております。
新庁舎の計画面積は7,000㎡、今後の消防活動業務上まだスペース
が足りない、海抜6.2mも課題。ヘリポートの設置無し、緊急消防援助隊
の受け入れ体制も考えていない事や基本構想も示していない、
建設検討委員会も設置していないのが現在であります。当局の答弁では、
建設予定地の美倉町側から大方の賛成を得たとしておりますが、
美倉町側では過疎化の歯止め、賑わい創出、何でも公共の建物が
集まればこれ幸いのように感じます(私個人の推測・人間感情からは
そうなるかも)。騒音や排気ガス等々どう認識されているのか。現在の
勤労青少年ホーム体育施設を新しくしてやるから理解して欲しいと
言わんばかりの説明や、一方の市民体育館は耐震度が低く現在も
閉鎖のままで、今後の道筋すら示していない。これは美倉町と市との
やりとりの問題ではなく、由利本荘市全体の問題なのです。此処まで
来るのにも何らプロセスが無く拙速であり計画性に欠けます。
平成23年3月の定例議会の私の一般質問に、にかほ市との消防広域化
は平成23年度の早期に消防本部などの位置など具体的な協議に入る
と明確に答弁しております。消防広域化の経緯と消防庁舎の建設予定地
など含めて、早期に住民説明会などを通じご理解いただいて参りたいと
考えていると答弁しております。その10日も経たないところでいきなり
消防広域化は白紙と言う寝耳に水の新聞報道を行っております。誰もが
28年度までのデジタル無線化等も共同可能。
 経費の負担軽減なども視野に入れておりました。
因みににかほ市と平成18年度から前向きに進めてきた、
ごみ処理清掃センター広域化計画も1年程度の目標設定の話し合い
決裂これも頓挫。
  由利本荘市民は、新消防庁舎建設のことを周知している方は
少ないのでは無いか、このような重大な大型事業(デジタル化含
約30億円以上)こそ住民投票かパブリックコメントなどの意向調査を
するべきであります。これからの消防本部庁舎は、市全域の防災拠点
として縦横無尽伸び伸びと広範の活動可能な体制と施設設備を整
えなければなりません。市長の提案説明に対する佐々木議員の
質疑宣告が10:33分、これまでの進めてきた経緯を説明するのに
二時間以上もの長い審議の中断でした(昼食は挟みましたが)再会が
13:02分です。そして提出議案の委員会付託が時すでに13:25分。
  当日は所管委員長報告も審査に長い時間を要したが簡単な審査報告
でありました。所管委員会の最後が教育民生常任委員会で午後の4:48分、
更に教民委員会の委員長報告文作成終了が午後の7:40分、本会議
再開が午後の7:42分・4つの委員長報告の終了が午後8:06分でした、
それから委員長報告に対する質疑です。
 (委員長報告には私も①7,000㎡は狭いの議論は無かったか
②海抜について ③ヘリポート設置は④ 緊急消防援助隊の受け入れ体制
などの質疑が為されたか等6項目に亘って質疑を準備しておりましたが、
他に質疑者がいたので控えました)
修正動議に反対の討論を行った議員もおりましたが、本当にこれからの
消防庁舎がどのような建物が要求されるのかや今後の消防防災活動拠点
としてどうあるべきか。
  もっと調査研究をしてくれてたら…。 市民は何なのか、議員としての
使命は何なのか。委員長に対する質疑も無く原案賛成では大変残念でありました。
市長個人に対する議論でも無いのにです、仮に市長であったとしても全てが
100%とはあり得ない事でそれをチエックするのが私達議員の使命です。
事業に反対とかストップとかでは無く敷地がもっと広く、海抜が高く、
へりリポートなども備えるような庁舎にするべきだと提言しているのです。
国会の派閥政治でもありません。会派政治でも無く、地方の一自治体です。
最大多数の最大幸福を念頭に!。市民の市民による市民の為の議論を
していることを忘れないで欲しいと願っております。
 この修正動議に反対すると議案136号補正予算全てに反対する事に
なるのではと錯覚された方もおったような事が残念です。これはあくまでも
部分修正であることを明確にしながら動議提案の説明をしたものです。
しかしながら否決はされはしましたが、あれだけ申し上げたからには当局
も今一度調査研究をして前に進む事だろうと信じております。合併して
以来本会議が午後の9時までかかったというのは初めてです。
同じ場所でも、もう少し敷地面積を確保して付帯すべき設備を盛り込んで
悔いの無い施設を建設するべき考えです
 ※お隣 にかほ市消防本部は、この8月25日庁舎向かいに緊急ヘリ着陸ヘリポート500㎡を発注した事を参考にお知らせいたします。

現在の勤労青少年ホームの体育施設を、閉鎖中の市民体育館と合わせ他の良い場所に移し、その分の面積も消防庁舎敷地には!
 b0084826_6365186.jpg
 新聞報道は若干ニュアンスが違います、真意は計画面積が7,000㎡では狭い事を第一義に話した。
b0084826_63761.jpg




















b0084826_6372423.jpg
b0084826_6373587.jpg




















b0084826_16552222.jpg
にかほ市消防本部b0084826_17301290.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-30 06:37


<< 飛行機 由利本荘市消防訓練大会 >>