佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム HPはこちら 秋田県 由利本荘市 市議会議員 佐藤勇のfacebook 佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム 議会報告はこちら

<   2008年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

歴史に残る成果


  20年7月29日・火曜日

   秋田八橋球場の三塁側スタンド、バス6台に個人の車その他応援団総勢400名を越すか
b0084826_19561366.jpg
 矢島中学校始まって以来の快挙に、町民挙げて喝采を送った。
   生徒数の三倍の学校に互角に戦ったその姿は、頼もしくもあり我が矢島町の
 誇りでもあります。まずは東北大会での健闘を祈る。
   羽城中学のエース関谷から2点を奪った事は大きな収穫。
 
    決勝戦終了後の選手達明るくさばさば
 b0084826_9202661.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2008-07-30 09:20

消防団県大会へ

  7月27日

    矢島中学校の野球を応援を終え、すぐその足で岩城~高速に乗りにかほ市へ
炎天下、此処は由利のにかほ市消防本部前
  由利本荘市の、小型ポンプ・矢島、自動車ポンプ鳥海
  がにかほ市と県大会出場をかけて競い合いPM2:00
  試合開始、見事どちらも由利本荘市に栄冠〃
  
  市民の生命財産を守る使命に燃えて日頃の訓練の成果を披露
 自動車の由利本荘代表の鳥海・伏見沢地区  
b0084826_8341168.jpg
  小型ポンプの由利本荘代表の矢島・城新小田地区
b0084826_8352845.jpg


  
[PR]
by isamu_satou | 2008-07-28 08:35

中学校野球県大会


  7月28日 日曜日炎天下、強豪西仙北東中学校と激突
 8対5で矢島に軍配、良く此処まできたという頑張りようだ

  我が矢島中学校の応援団も熱が入っている、吹奏楽部の部員による
 応援女子生徒の真剣な応援リーダーもしかり
 b0084826_818751.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2008-07-28 08:23

見事初戦突破

 全県中学野球大会初日第一試合

   大館東中学校と矢島中学校との試合は、4対2で矢島が勝つ
  全校応援の生徒達
  b0084826_20421623.jpg
    応援席に勝利の報告
b0084826_20465176.jpg
 
[PR]
by isamu_satou | 2008-07-25 20:44

残念に思った事

  
  平成20年7月24日

  市と議会との連絡会議の席上
 市長の諸般の報告に、小学校スポーツ少年野球で学童川内小学校県大会出場
 中学校野球大会で矢島中と本荘南中学校が県大会出場の事は言及
 がありませんでした。
  あったのは本荘高校が甲子園大会に行く、それに支援金250万円を支給
するので明日の議会説明会に提案の予定とか、自分が甲子園に応援に行きたい
旨を報告。確かにすごいおめでたい事に間違いありません、お金があったらいくら出しても惜しくない事と思います、この上ない名誉であります。私の長男の子・孫(現)も本校でもありますが。

  その後急用と言うことですぐ退席されたが、私はあまりにも足元を見ていない
 執行部にがっかりしました、『それで市長が退席したけれど市の義務教育の中で
頑張った小中学生に・頑張ったの声一つ、ねぎらいの言葉一つ発生出来ない
この時代の頑張りがあるからこそ、高校甲子園出場のいまの栄光もつながっているのだ
副市長どう思っているか答弁してくれ』
と私は申しました、市の教育委員会の所管でもないのに
、また条例にも無いのに県立の高校に250万円も支給するのだったら、各中学に5万円でも10万円でも応援する気はないのか質しましたが、条例で決めた範囲内で何とか理解しての一点張り。県立高校の事は、県知事がする事で有り、小中学校の事は市長が責任を持ってやるのが筋というものでは無いでしょうか。
市政運営者の主観の相違や首長自身の周辺地域に対する姿勢の表れでしょう。
  残念というか情けないというか。

b0084826_8282910.jpg
b0084826_8285834.jpg

[PR]
by isamu_satou | 2008-07-25 08:29

40秒前後の死闘

  20年7月20日の炎天下

 第3回由利本荘市消防大会が行われました。

  ポンプ車躁法は、鳥海伏見沢地区が可搬式の小型は矢島町
 小田・城新地区がそれぞれ優勝し、来る26日の仁賀保市との
 県大会出場決戦をかけて、競い合います。
 b0084826_10321949.jpg
b0084826_10324611.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2008-07-22 10:32

リンドウの花《竜胆》

  7月12日

  鳥海町のいまや町興しの要ともなりつつあるリンドウの栽培
  
  私がりんどうと言う言葉を耳に、目にしたのが中学一年生の頃
  伊藤左千夫の『野菊の墓』の単行本が忘れられない書の一冊でもあります。
  主人公・政夫(りんどう)と民子(野菊)の出会い、じれったい純情さ・野菊りんどうの悲しい清楚な淡い初恋の
  想い出のなかでの花のイメージが今なお私の頭を時々よぎる。
  そして約50年近くなるいま迄何回となく開いては、なお涙をさそう不思議な一冊である。
  わずか17才で逝った、野に咲く野菊が大好きだった純情可憐な民子、余儀ない結婚をさせられたが、その後もひたすら純粋な愛を信じて逝ったいたいけな少女民子の物語が野菊の墓です。
  ムラサキの端正な清楚な色のりんどうは全ての人々の心に信頼と上品さを分けてくれる
  貴重な花として今後もますます清く咲き続けてくれることを願っている。
   鳥海山の裾野に咲かせ続けるりんどう群b0084826_9212751.jpg
b0084826_922299.jpg


















b0084826_18465428.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2008-07-16 09:22

鳥海中学校


  7月13日

  国道108号線より望む鳥海中学校前景

  雄大な鳥海山を背負う、鳥海統合中学校、多くのスポーツ栄光を塗り替えている。
  b0084826_8575750.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2008-07-16 08:58

消えた分校


  7月14日

  鳥海町上直根分校

  いまは亡き知人の熱血教師・白衣を着た理科の大橋進という方が健在な頃
  分校の子供教育に一生を捧げた方でした、そこでお生まれになった,
直根の直をもじって生まれた子の命名を、
  末っ子の男の子に「直」と命名したのだと昨年お亡くなりになったときに
  奥様から紹介された、因みに長男は新潟で矢張り理科の教師として
  小規模校の熱血教師、上のお嬢さんは教師、下のお嬢さんは普通にお勤め
  直さんも普通にお勤めと伺った、奥さんは本荘在住今年が新盆です。
都会育ちの奥さんは、雪深い山間の学校に付き添い、人知れぬ苦労も多かった事と思います。
  いまは少子化で統廃合になり、かっての元気な面影は無くひっそりとたたずむ
  現存の懐かしい分校・今夏も何人か此処の学舎に思いを馳せ訪れるかたもおる事でしょう。
  b0084826_8324819.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2008-07-16 08:43

滝の神秘

  7月14日

  鳥海町の百宅の法体の滝、雨の翌日水嵩がまして暴れているように見えた
  雄大な滝、夏はこの地一帯ひとの波で賑わう事でしょう。

 b0084826_815322.jpg
 b0084826_8155645.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2008-07-16 08:15