佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム HPはこちら 秋田県 由利本荘市 市議会議員 佐藤勇のfacebook 佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム 議会報告はこちら

<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

矢島町のひな人形

 平成21年 2月28日

 矢島町日新館於いて・3月 1日~3月22日まで展示

 解説はながくなるので、取り敢えずガラス越しの写真をどうぞ、やは
り矢島は由緒ある城下町
だなあとうなずける、これは我が町の
お宝でもあります、全国の皆さんご鑑賞下さい〃
b0084826_21173425.jpg

















b0084826_21175622.jpg





















b0084826_21181680.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2009-02-28 21:18

真の観光産業

  平成21年 2月24日
 
  地域の観光産業のあり方についての研修会・於本荘グランドホテル

「豊かな大地に暮らしてみようフオーラム
観光・体験交流による農山村の活性化を探る」   国際教養大学教授・熊谷嘉隆氏の基調講演
             『農山漁村地域の活性化~観光推進の可能性~』と題して
  いま旅行者は、泊まらない
    ・買わない・食べないの特徴があるなど、真の観光産業がどうあればいいのか道筋が見える
     感じでした。
    勤務地の体験から、阿仁の寒村にあってもそこにしか無い特産品のおもてなしが素晴らし
    かった事. 学生と一緒に、圏内各地域の直売所などの調査研究をして実際の買う側であれば
    売る側はどうあればいいのか等、多岐多彩にわたり貴重なお話をされました、またメデアの
    重要性や異業種間の情報交換も不可欠、すごく大事と話されました。
  金子拓雄・東由利グリーンツーリズム研究会会長
   20年前から、この地域に無い物を追求アイガモの飼育から初めジャガイモ狩りその他
    ありとあらゆるイベントを企画地域のリーダーとして頑張っている。
  鈴木幸夫・秋田ニューバイオフアーム社長
     今や盤石の農業会社とも言うべき産業に仕上がった会社を引き継ぎ、オールラウンド的商売
     を手がける、食にこだわり続ける圏内特異の産業。ひまわりや菜の花の搾油など栽培から脱穀、
     食にするまでの一環した体様を取り入れ都市との人口交流・誘客を図っている。
  佐藤  公・矢島町・由利本荘市観光協会理事
     由利本荘市の観光協会理事としての立場から、地域ぐるみで古来のひな飾り等を通して都市との
     繋がりを大切に地域の活性化を促している。
    の三氏がパネラーとして実体験等を紹介しながら問題提起をし、熱心な話合いが為された。
 
b0084826_842586.jpg




















b0084826_8442451.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2009-02-25 08:37

公務員の罰則規定


    平成21年 2月 3日臨時議会  公務員の懲戒告処分(免職・停職・減給・戒告・訓告・厳重注意)
   
 国家公務員の懲戒処分については、国家公務員法82条が定めています。同条に定められている懲戒処分は、免職、停職、減給、戒告の4種類です。
 免職は、公務員の職を失わせる処分のことで、懲戒処分によって行われたものを特に懲戒免職といいます。
 停職は、職員としての身分を保有させながら一定の期間その職務に従事させない処分で(同法83条2項)、停職者は原則としてその期間中給与を受けることができません。
 減給は文字通り公務員の俸給の支給額を減ずる処分です。
 最後の戒告は、本人の将来を戒める旨の申し渡しをする処分のことです。

 ここまでが法律上の処分ですが、実務上はこのほかに訓告、厳重注意などがあります。訓告は公務員部内において監督の地位にある者が、職員の義務違反に対してその責任を確認し、将来を戒めるために行う行為で、法律上の処分である戒告よりも軽い処分とされています。厳重注意は戒告よりもさらに軽い処分といえます。
 つまり、戒告と訓告は法律上の処分かどうかという点が異なり、訓告と厳重注意はその義務違反の程度が異なるというわけです。

[PR]
by isamu_satou | 2009-02-22 09:36

直根小学校

  平成21年 2月19日
 
  由利本荘市立直根小学校のクラブ活動発表会がありました。由利本荘市立直根小学校・金 利紀校長

 議会本会議が今日からスタート、午後から打矢鉄工所の初代社長のご葬儀、
吹っ飛んで来たがどうしても間に合わず妻が先に会葬へ、委細を議長へ報告
・そして家で持参の弁当を食べ直根小学校へ向かう
 盛岡大学教授の橋本裕之先生も当日の指導助言者として来校。
  猿倉子ども人形芝居は、始祖のルーツを辿る所
から始まり、カンテツ和尚と唐傘踊りなど
 また、衣装や人形等は地域の人達の手作りによるもの。 元教育長の松田氏や市役所勤務の真坂
 さん、前の沢太鼓の
しげのりさんらが日頃の指導にあたられたと紹介。
 校長先生は、地域の皆さんの惜しみない協力が大きく無限であることを挨拶されました。
書道、芸事、文化、何でも地域の方が先生となり、いつでも応援して下さる素晴らしい学校と地域の連携を
感謝しておりました。
また各先生方の子ども達に接する熱心な姿は、子ども教育の原点が
そこにあるようでした。小規模校ならこそ出来る、小さくても最大の子ども教育ではないのか。

私の母校ですが、自分が小さい頃はただはね回って遊んだ記憶しかない、このようなクラブ活動が出来る今の後輩達は幸せだなあと思い校門を後にした。
  子ども獅子舞・こども猿倉人形・前の沢太鼓
b0084826_20283611.jpg
 















b0084826_20332492.jpg



















  玄関を入って真正面、お客様出迎えの壁新聞など感じがいい
b0084826_20301424.jpg

















b0084826_20361097.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2009-02-19 20:21

スポーツ賞受賞式


  平成20年度由利本荘市スポーツ賞表彰式行われる。

 21年 2月18日・アクアパル
 功労賞、有効賞、特別賞、優秀指導者賞、特別栄光賞、栄光賞、奨励賞
 等の各賞を授与される。この賞も人が選ぶもので他にも此処にでない素晴らしい部
の活動や指導ををしている方々も大勢おります、そのような人達の集合体がスポーツ熱を盛り上げるのであります。
サポーターは保護者、先生、先輩、地域の人々社会全体で健全なスポーツ熱を高めて行くことが現在も今後も日本の国・地域に元気を与える源になるのではないでしょうか。スポーツを愛する皆さん21年度も大いに頑張ろう


 b0084826_2054782.jpg

































b0084826_1659987.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2009-02-18 20:05

貴重な二冊の書籍

  平成21年 2月15日・著者‥佐藤晃之輔、東由利出身

  「秋田・消えた村の記録」…1997年初版の貴重な一冊、筆者が丹念に自分の足で歩いて
  地域の長老やゆかりの方の話や、移転先まで探し出し当時の現地と人とを繋ぎ合わせ
  た懐かしくもあり、今では神秘的とも言える田舎の山の素朴な暮らしの様子が伝わってくる
  貴重なもの。
  「秋田・消えた分校の記録」…2001年初版・これまた貴重な一冊であります。
いま少子高齢化の時代を突き進んでおりますが、当時は一軒に子どもが
三人から五人くらいは普通でおった時代です。文化の進展と共に不便さや
子どもの教育の較差是正などの措置や、数が少なくなったり、山を後に平地に
越したりで集落の戸数の減少などで本校に統合されたりで徐々に分校が閉校
されるようになりました。
子ども達の通学など子ども本位の分校設置でしたが、時代と共にこれまた
子ども本位にやむを得ない教育の変遷であったと思います。
地域から教育機関・学校と名のつくものが消えるというのは大変寂しい事なのです。
筆者は、由利本荘市出身であり今から約40年前に私と同じく、分校のまた分校的な冬季分校の教師をし
ておられました
、縁あっていま新星
の大地大潟村に入植・その傍ら執筆活動を続けて
おられるようです。いま学校の統廃合が進んで
おります、また市町村の合併が行われややも
すると、このような小さな大きな価値のある歴史が
忘れ去られようとしている時に、誰かが受け継ぎ
世代へ確かな記録を残す事が本当に大事です、
そして何よりも郷土愛に満ちた筆者の純朴な心それは
ふるさとでの培われた心そのものではないかと思います。
心から敬意と御礼を申し上げたい。
当時の同僚には校長先生を歴任され退職された方もおります。
  無明舎出版
 今懐かしく読み返しているところです。晃之輔さんありがとう

b0084826_755665.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2009-02-15 07:51

<big>真冬の大洪水</big>

 平成21年 2月14日

  真冬の大洪水・此処は由利本荘市鳥海町の百宅、地域の人は、冬に
今までこのような状況を見たことが無い
百宅部落に入る
手前1㌔ほどの所と部落ほんの手前50m程の所からと、奥の
下百宅地区が道路上が湖になり車も人も通行不可、私は
午前10:00頃駆けつけたのですが早朝6:00前からのようでした。
奥の一軒は作業場が浸水し、飯米も水浸しとの事。水浸しの農機具
を動噴で農機具を乾かしているとの事でした。
 人づてに聞いて駆けつけたが、何とも手の施しようが無い状態
これと言った解決策とて難しいとのことでした。一度調査をしてみる
必要があると思う。
これは実際見なければ分からない事です、午後からは親戚の
法事があり、その後どうしたか電話を掛けましたが、やはり夕方
まで通行出来なかったみたいです。もし緊急の病人など出たら
と思うと寒気がします。そして百宅は携帯電話の不感地帯でも
あります、こういうところに速く生活の緊急的支援策をいち早く施す
のが政治というもの、借金して大型の箱物を建てるよりどのくらい
市民生活の為になることか。

 
b0084826_19381824.jpg















  雪の上を水が流れる様子
b0084826_19383914.jpg

















これは川ではありません、道路に水がまん延し、川みたいになり車も人も通行不可
b0084826_19391092.jpg



















                    これは、午後の矢島立石橋から撮した子吉川の増水した様子・築舘の後方
b0084826_20283816.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2009-02-14 19:37

除雪を行う

 
  平成21年 2月 9日

  
  午前9:20矢島総合支所へ、建設課の課長に一昨日の除雪の件を話す。
  午前11:00知人の葬儀・立石高建寺
  午後12:40…建設課課長より電話があり、除雪をしてくれたとの事
  あのお父さんも家族もどんなにかホットしたことでしょう。
           

 どんな理由にしろ、市民等しく行政の恩恵を受けるべきであります。
 これまでは、なかなか奥の鈴木宅まで入れなかったそうです。
 今度は適宜除雪をしてくれる事を課長が話してくれました。
  午後3:00孫(高二女子)を迎えに本荘へ、そしてその足で由利本荘市例規集を
  市役所議会事務局へ持参。
    そして、企画調整課の課長補佐と会う。
  平成17年から20年までの、各地域の積算財政支出内訳のデータを午前中に所望したところ無いと言われました、前期17年~20年迄のデータ・トータルが無くて次に進めるのだろうか
  疑問。自分で整理するしか無いか!
    午後6:30 ~9:00矢島スキー場ナイターへ
  矢島・鳥海スポ少の子ども達が元気に練習している様子を拝見
[PR]
by isamu_satou | 2009-02-09 13:52

生活の見えない政治


  平成21年2月 7日

  由利本荘市矢島町の冬期の除雪は、丁寧でしかも上手というのが定評です。

  此処は由利本荘市、矢島町の下上野平の鈴木宅
  何年来ここの除雪については、生活に支障なく毎日出来なくとも
  適宜やるように、何度となく話していることですが何故ほったらかしに
  しているのか、昨年は何回か来たと話しておりました。
今冬は12月に一回来ただけと話しておりました。まさかこんな状況とは、
今日は土曜日ですが・早急に連絡を取ります。万が一急病人が出た場合などは、どう対応しようと言うのか80才を過ぎた高齢者が自力でスコープで雪除けをしている現実。家族には車を使う若い方もおります。

  約100メートルちょっとですが、大きな除雪車が入れなかったら小型車あるいは
  歩行型でもいいと思います。
b0084826_10382469.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2009-02-08 10:37

由利高原鉄道

 平成21年 2月 1日
 
 由利高原鉄道・新春応援感謝フオーラム

 由利高原鉄道応援大使任命式など20年度経過報告に続いて
 地域の生命線とも称し、市民関係者から激励を受けたおばこ号。
それにに期待を寄せる市民・関係者の集いでもありました。


  大使に任命された5氏
正面から見て左端の野村浩志氏・山形出身の素晴らしい講演もありました。
b0084826_20294265.jpg















           挨拶をされる大井社長
 b0084826_20294713.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2009-02-01 20:30