佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム HPはこちら 秋田県 由利本荘市 市議会議員 佐藤勇のfacebook 佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム 議会報告はこちら

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

修正動議提出・新消防庁舎建設の基本設計委託料

平成23年7月27日 臨時議会

  平成23年第4回由利本荘市議会臨時議会 午前10:00開会

 臨時議会提出議案は、平成23年度一般会計補正予算・集落排水特別・
簡易水道特別の各会計の専決処分報告と23年度一般会計・集落排水・
簡易水道の各補正予算その他でありました。
 修正動議は、議案136号の平成23年度由利本荘市一般会計補正予算
第7号歳出において第9款第一項消防費1,600万円を減額し、そして減額
した消防費1,600万円は、14款の予備費に繰り入れ、予備費を増額とするもの。
 ※ 新消防庁舎建設の基本設計委託料としての1,600万円です。 
 6月議会で取り下げした議案を一ヶ月も経たないこの臨時議会に
再度提案したもの、これは私達が前々から指摘してきた事です。
建設ストップでは無く、より綿密な調査研究を重ねてより高規格高機能の
消防施設整備を計画していただきたい一心からでありますことを
申し添えておきます。現在の消防庁舎が老朽化、狭隘であり活動に
不便を感じ、耐震上安全でないと言うことは誰もが理解しております。
新庁舎の計画面積は7,000㎡、今後の消防活動業務上まだスペース
が足りない、海抜6.2mも課題。ヘリポートの設置無し、緊急消防援助隊
の受け入れ体制も考えていない事や基本構想も示していない、
建設検討委員会も設置していないのが現在であります。当局の答弁では、
建設予定地の美倉町側から大方の賛成を得たとしておりますが、
美倉町側では過疎化の歯止め、賑わい創出、何でも公共の建物が
集まればこれ幸いのように感じます(私個人の推測・人間感情からは
そうなるかも)。騒音や排気ガス等々どう認識されているのか。現在の
勤労青少年ホーム体育施設を新しくしてやるから理解して欲しいと
言わんばかりの説明や、一方の市民体育館は耐震度が低く現在も
閉鎖のままで、今後の道筋すら示していない。これは美倉町と市との
やりとりの問題ではなく、由利本荘市全体の問題なのです。此処まで
来るのにも何らプロセスが無く拙速であり計画性に欠けます。
平成23年3月の定例議会の私の一般質問に、にかほ市との消防広域化
は平成23年度の早期に消防本部などの位置など具体的な協議に入る
と明確に答弁しております。消防広域化の経緯と消防庁舎の建設予定地
など含めて、早期に住民説明会などを通じご理解いただいて参りたいと
考えていると答弁しております。その10日も経たないところでいきなり
消防広域化は白紙と言う寝耳に水の新聞報道を行っております。誰もが
28年度までのデジタル無線化等も共同可能。
 経費の負担軽減なども視野に入れておりました。
因みににかほ市と平成18年度から前向きに進めてきた、
ごみ処理清掃センター広域化計画も1年程度の目標設定の話し合い
決裂これも頓挫。
  由利本荘市民は、新消防庁舎建設のことを周知している方は
少ないのでは無いか、このような重大な大型事業(デジタル化含
約30億円以上)こそ住民投票かパブリックコメントなどの意向調査を
するべきであります。これからの消防本部庁舎は、市全域の防災拠点
として縦横無尽伸び伸びと広範の活動可能な体制と施設設備を整
えなければなりません。市長の提案説明に対する佐々木議員の
質疑宣告が10:33分、これまでの進めてきた経緯を説明するのに
二時間以上もの長い審議の中断でした(昼食は挟みましたが)再会が
13:02分です。そして提出議案の委員会付託が時すでに13:25分。
  当日は所管委員長報告も審査に長い時間を要したが簡単な審査報告
でありました。所管委員会の最後が教育民生常任委員会で午後の4:48分、
更に教民委員会の委員長報告文作成終了が午後の7:40分、本会議
再開が午後の7:42分・4つの委員長報告の終了が午後8:06分でした、
それから委員長報告に対する質疑です。
 (委員長報告には私も①7,000㎡は狭いの議論は無かったか
②海抜について ③ヘリポート設置は④ 緊急消防援助隊の受け入れ体制
などの質疑が為されたか等6項目に亘って質疑を準備しておりましたが、
他に質疑者がいたので控えました)
修正動議に反対の討論を行った議員もおりましたが、本当にこれからの
消防庁舎がどのような建物が要求されるのかや今後の消防防災活動拠点
としてどうあるべきか。
  もっと調査研究をしてくれてたら…。 市民は何なのか、議員としての
使命は何なのか。委員長に対する質疑も無く原案賛成では大変残念でありました。
市長個人に対する議論でも無いのにです、仮に市長であったとしても全てが
100%とはあり得ない事でそれをチエックするのが私達議員の使命です。
事業に反対とかストップとかでは無く敷地がもっと広く、海抜が高く、
へりリポートなども備えるような庁舎にするべきだと提言しているのです。
国会の派閥政治でもありません。会派政治でも無く、地方の一自治体です。
最大多数の最大幸福を念頭に!。市民の市民による市民の為の議論を
していることを忘れないで欲しいと願っております。
 この修正動議に反対すると議案136号補正予算全てに反対する事に
なるのではと錯覚された方もおったような事が残念です。これはあくまでも
部分修正であることを明確にしながら動議提案の説明をしたものです。
しかしながら否決はされはしましたが、あれだけ申し上げたからには当局
も今一度調査研究をして前に進む事だろうと信じております。合併して
以来本会議が午後の9時までかかったというのは初めてです。
同じ場所でも、もう少し敷地面積を確保して付帯すべき設備を盛り込んで
悔いの無い施設を建設するべき考えです
 ※お隣 にかほ市消防本部は、この8月25日庁舎向かいに緊急ヘリ着陸ヘリポート500㎡を発注した事を参考にお知らせいたします。

現在の勤労青少年ホームの体育施設を、閉鎖中の市民体育館と合わせ他の良い場所に移し、その分の面積も消防庁舎敷地には!
 b0084826_6365186.jpg
 新聞報道は若干ニュアンスが違います、真意は計画面積が7,000㎡では狭い事を第一義に話した。
b0084826_63761.jpg




















b0084826_6372423.jpg
b0084826_6373587.jpg




















b0084826_16552222.jpg
にかほ市消防本部b0084826_17301290.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-30 06:37

由利本荘市消防訓練大会

  23年 7月17日・秋田県消防学校:於

 炎天下、日頃の訓練の成果を遺憾なく発揮した各町内代表支団
b0084826_653296.jpg
b0084826_6532055.jpg
















b0084826_6534415.jpg
b0084826_6535855.jpg
















   優勝は、鳥海町小型ポンプ操法・由利町自動車ポンプ操法が次の大会へ
b0084826_6542148.jpg
b0084826_6543862.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-26 06:54

支部消防訓練大会

  平成23年 7月 3日

  矢島町・小学校校庭於いて午前8:00
 自分の仕事を持ちながらの消防団員の勤め大変なご労苦に感謝・この後由利本荘市の大会がある。
 b0084826_6252296.jpg
b0084826_6253959.jpg
















b0084826_626199.jpg
b0084826_6261412.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-26 06:26

国県への要望

 
平成23年 7月19日~21日

  秋田県知事へ・由利地域振興局・国土交通省秋田河川国道事務所・仙台東北農政局、東北地方整備局
  秋田県選出国会議員各氏八名への要望、民主党幹事長室への要望・国土交通省・総務省への要望
  と言う具合でした。政権交替まではこのような活動を陳情と呼んでおりましたが、現在は要望という事になりました。果たして脱官僚の成果が現れるか否や。このくらいしなければ、この惨状を理解してもらえない、予算化してもらえないもどかしさは私だけでは無いと思います。この国のシステムがそうなっているからなのです。他にもひっきりなしに要望団が参っておりました。
b0084826_5422348.jpg
b0084826_5423545.jpg















 東北地方整備局災害対策室見学・由利本荘市の災害現場が当地住民よりも先にリアルに映し出されていたのには驚きました。東北地方全般に亘って全地域がリアルタイムで映し出されるシステム
b0084826_5425253.jpg
b0084826_543517.jpg

















  元矢島町助役吉川内閣府戦略対策室参事官と自治財政局長の椎川 忍氏と
b0084826_5431978.jpg
b0084826_5434055.jpg


















元由利本荘市矢島町助役・現内閣府参事官吉川浩民氏を囲んで
b0084826_5435974.jpg
  衆議院議員川口 博氏の自伝というか、これまでの小坂町長時代の実績の積み重ね、県内ワース一の
 町民所得率を県内一の富裕所得を揚げれる迄に成し遂げた氏の信念と不屈の魂が物語られている貴重な一冊を進呈いただいた。地方議員も氏の爪の垢を煎じて飲むくらい辟易、私はこの本を読んでそう思いました。
b0084826_5441538.jpg
















石沢川、子吉川合流地点災害箇所の緊急対応の現地
b0084826_754093.jpg
b0084826_714650.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-26 05:35

命の水

平成23年 7月12日午後1:40
 
  心ある矢島町在住の方から、矢島貯水池への源泉の堰台が壊れて渇水期には
 水が来なくなるという心配した電話が入ったので、急ではあったが急遽計画を変更して現地踏査する事に。
 自分一人では、ちょっと怖い気がしたので妻をも巻き添えに水源のみなもと、鬼の鞍へいざ。(白雪川との合流点)善神沼と聞いただけで怖くなるようなイメージがあります。登りは約1時間40分
 下りは約1時間20分ぐらい堰台を往復の道程でした。町議会で産建委員の時に1回行った切りで最近は足を運ぶ機会が無かった。(この堰の通路の経緯については曖昧なので判る方後で教えて下さい)
私が行く一日前くらいに支所の建設課のほうでも確認したと言うことでした。
   電話をもらった状況よりは、まあまあの水の流れでありましたが、いずれ抜本的な手を加えるべき時期か と判断して参りました。皆さんは、水道の蛇口をひねればいつでもいつものような美味しい飲料水が出てく るものと信じて疑わないと思いますが、実は水そのものが大変なお遍路をして私達の口元へたどり着くのです。
   水の流量は、約15センチくらいありました。
b0084826_502595.jpg
b0084826_504068.jpg






















  所々壊れた場所がありました。
b0084826_51464.jpg
   管が足るんだ所に岩砂利が溜まった部分
b0084826_511553.jpg



















 ぶなの原生林
b0084826_561565.jpg
b0084826_562998.jpg

















b0084826_565091.jpg
b0084826_57526.jpg



















  堰を横断した原生林の風倒木
b0084826_572076.jpg
b0084826_573515.jpg

















  b0084826_575984.jpg
所々に野性のアヤメが咲いている
b0084826_581254.jpg


















  土砂が押し流された所
b0084826_582919.jpg
  大きな石がずり落ちてきて管をつぶした
b0084826_584556.jpg



















      合流点の一番上流で①b0084826_5904.jpg
     ②
b0084826_591262.jpg



















b0084826_593081.jpg
b0084826_594413.jpg

















b0084826_51014.jpg
             この写真も    上流部b0084826_5324066.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-15 04:56

水力発電の重要性が見直されるとき

   平成23年 7月10日    

鳥海山麓、旧鳥海町には現在、鳥海川第一鳥海川第二3,080キロワット、袖川1,550キロワット、板平鳥海川第三の五つの発電所がある。
  これらの発電所には、社員の住宅もあり学校の子供達もいた、袖川分校も有った。私達が子供の頃学校の遠足などで見学に行った場所でもあります。
  今は、殆ど無人化しており、当時の社宅などが有った頃の面影はありません、まず普通の方は覗くような
 機会は無いと思います。いま原子力発電に変わるエネルギーは何か模索されておりますが、従来からの
 この立地的地理的用件を満たして発電されてきた水力発電の重要性が改めて認識されたのでは。
   第一発電所・鳥海大川端地内
b0084826_14303319.jpg
b0084826_14305159.jpg

  





















第三発電所・鳥海大川端石神地内・連絡道が6月の大雨で決壊
b0084826_2052681.jpg
b0084826_2054079.jpg
















  第二発電所・鳥海猿倉板平地内
b0084826_14353738.jpg
b0084826_14355382.jpg

















b0084826_14514423.jpg
b0084826_14515699.jpg
















                  平成11年完成
b0084826_1437414.jpg
b0084826_14375987.jpg

















  板平発電所・鳥海猿倉板平地内
b0084826_1448913.jpg
   6月24日の大雨で壊れた発電所への道路b0084826_1448251.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-10 14:30

津波の被災を克服の町

 平23年 7月6日

  北海道奥尻島の教訓・昭和58年・平成5年の大地震と大津波の被害で壊滅的打撃から5年
見事に立ち直った奥尻の力強さ!……後日写真の説明を記す
  慰霊碑の時空翔
b0084826_14235587.jpg
  鎮魂歌〃憶えていて下さい〃後世にも来ような大惨事があったことを
b0084826_14241264.jpg

















b0084826_14274330.jpg
b0084826_14244172.jpg





















千歳空港
  b0084826_12582115.jpg
    洞爺湖
b0084826_12584321.jpg
















 
 支笏湖
b0084826_12592242.jpg
  大惨事の跡の復興後5年天王陛下行幸
b0084826_13222844.jpg
  日本で第一号の女医がこの地瀬棚から
















[#IMAGE|b0084826_13224426.jpg|201107/09/26/|left|300|400#]


















  巨大地震と津波の爪痕・天皇陛下が嘆きお詠みになったもの
b0084826_13275257.jpg
b0084826_14334348.jpg

















 瀬棚港から奥尻への定期便
b0084826_13281597.jpg
b0084826_13282812.jpg




















b0084826_13455171.jpg














b0084826_12595816.jpg
b0084826_1303516.jpg




















   伊達市大滝地区の木質ペレットの風景
b0084826_132413.jpg
b0084826_13212045.jpg


















b0084826_13215726.jpg
b0084826_13232068.jpg





















b0084826_13235293.jpg
b0084826_13242557.jpg


























b0084826_1325111.jpg
b0084826_13252173.jpg






















鍋釣岩
b0084826_13255335.jpg
b0084826_1326834.jpg




















b0084826_13262498.jpg
b0084826_13461341.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-09 13:02

イサムの議会だより第35号

  平成23年 7月 3日  20日過ぎに印刷の発注をしても、
どうしても印刷屋が月末になります。自分の意志より約一週間出来上がり
が遅い感じです。また、自分の都合で行事などが重なり遅くなる事もありま
すが出来るだけ迅速にお届けするよう心がけております。発行してから
次々に新しいニュース    
 が、報じられるので書き切れない部分も多くありますが宜しくお願いします。
間もなくホームページにも
 載せます。
    23年 6月定例議会報告第35号の二面一部
b0084826_14145285.jpg
                          一面一部
b0084826_14151354.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-03 14:17

23年度矢島支団消防訓練大会

 平成23年 7月 3日 矢島小学校校庭で行う。

 1分団から6分団まで、小型ポンプ操法そして訓練礼式の部の二通り。
 一位は、小型ポンプ操法・時間43秒で第三分団が支部大会決定戦へ。
 国内も災害が頻繁に起きている、豪雪・地震・津波・大雨洪水・山の遭難等々、消防署員や消防団員
 の休む暇もないほどだ、改めて消防の力、消防へ頼る国民の意識が増して来ているように思う。
  控所で待機している団員の規律も非常に良く、年齢も随分と若返り頼もしくも感じる。
b0084826_1463343.jpg
b0084826_1464683.jpg


















b0084826_147371.jpg
b0084826_1471511.jpg


















b0084826_1472838.jpg
b0084826_1474224.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-03 14:07

観光モニターツアー

  平成23年 7月 1日   市役所行政センター3階学習室に於いて

  無錫市訪問団一行の表敬訪問を受けました。
  続いて、午後からはフオレスタ鳥海で坂ノ下番楽を披露し、晩餐会を行いました。
  長谷部市長の由利本荘市の観光案内を挨拶に始まり、中国の胡団長の挨拶がありました。
  両市の皆さんが、仲むつまじく、今後の都市交流を末長く続けて参りたい、無錫市650万の市民約50万   人が海外に旅行している。中でも日本が一番、更に日本の由利本荘市の良さをアピールする、無錫市
  にも是非お出で下さいと挨拶。
b0084826_13324724.jpg
b0084826_1333374.jpg
















b0084826_1336835.jpg
b0084826_13362214.jpg




















b0084826_13365388.jpg
b0084826_13394910.jpg




















 
[PR]
by isamu_satou | 2011-07-01 20:55