佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム HPはこちら 秋田県 由利本荘市 市議会議員 佐藤勇のfacebook 佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム 議会報告はこちら

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スポーツ賞受賞

    平成23年度矢島町恒例のスポーツ賞授賞式が、関係者町民参加のもと盛大
 に開催されました。
  矢島町は、もともとこのような目でたいことがあると関係ある町民が一同に介して
 大祝賀会を行う。
  もちろんその当事者の児童生徒も一緒にテーブルを囲む、本当に町挙げて、家族
 みんなでその栄誉を称え、子供たちのいっそうの励みをかき立てる。今こうしてあるの
 は家族の理解と家族の送り迎え、追っかけ、そして監督、先生方指導者の親身な
 指導があればこそだ、その感謝の気持ちを忘れずに、もっと上を目指してがんばれる
 環境を作ってやるのがこの儀式だ。
b0084826_205194.jpg
b0084826_2051232.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2012-03-27 20:46

御見舞い

  平成24年 3月17日

  三人姉妹、妻の東京にいる妹の御見舞いに上京する。
 由利町にいる妹と妻と私の三人で、東京東大病院に直行。
 東京の妹は、中学を出て、敬愛学園を後に美容師の道を志し、単身上京
 17,18才で弟子入り・修業し独り立ちし、民間銀行員の夫と結婚、しかし夫は5年前に他界
 二人の男の子と娘一人を必至で育て上げながら夫の両親を看取って3年。
 三人の子供はみんな所帯を持っている。
   孫も二人出来て、これからと言うときに病に倒れた事は残念、再起を祈ろう。
b0084826_21123735.jpg
  大宮にいる娘の子・手作りのケーキで孫の誕生祝い・春から大学生の孫娘
b0084826_2152687.jpg



















b0084826_215408.jpg
b0084826_2155142.jpg


















b0084826_216261.jpg
  久しぶりに三姉妹の語らい・手前は大宮にいる私の娘
b0084826_21134223.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2012-03-23 21:02

ひなめぐり駅弁

  平成24年 3月 9日と3月19日   矢島小学生がお客様をおもてなし、私達グループは
 矢島の錦旅館のお弁当を戴き一日を矢島で過ごす予定でしたが、私は行けずじまい。
 3月11日はカダーレで本海獅子舞番楽大競演会でしたがそれも行けずじまい。
  どちらも楽しみにしていたのですが、親戚にまた不幸が有り11日早朝秋田へ、これで
 先々週から身内の死が三週続いた事になる、それも毎週金曜日の葬儀。
  3月 2日妹の旦那、3月 9日大潟の叔母、3月16日は分家・元矢島駅前「まるご」の母さんの葬儀、その日は、矢島小学校の卒業式だ!どうしよう

 b0084826_21122169.jpg
b0084826_21125175.jpg






















b0084826_927052.jpg
b0084826_9271241.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2012-03-12 21:12

秋田県立矢島高等学校卒業式

   平成24年 3月 1日  矢島高校体育館に於いて・澤井校長

  陽春三月、霊峰鳥海山のくっきりそびえ立つ今日この良き日に母校秋田県立矢島高等学校の
  卒業式が挙行されました。
  私達の頃より、生徒の体格も良く行儀も良く、在校生に見守られて八十余名の生徒が巣立ちました。
b0084826_145377.jpg
b0084826_14534148.jpg




















b0084826_14535785.jpg
b0084826_14541158.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2012-03-10 14:45

中が校の卒業式

  平成24年 3月10日  矢島中学校体育館に於いて

 平成23年度由利本荘市立矢島中学校の卒業式が行われ、市民を代表して来賓
  として参列して参りました。様子をお伝えします。
  卒業生31名の人数は大変な児童生徒の減少であります。
平成17年、一市七町が合併の時に小中学校生総数
7,423名
でしたが、現在6,306名であり
  約1,117名程の児童が減少した事になります。
  ※年間平均160近くの児童が減少して来たことになります。少人数ではありましたが、夢と希望が満ち溢れ体育館も狭く感じるくらいの堂々の中学三年生、悔いの無い三年間を過ごした充実感が漂った、この日本を背負って立つ子供達に学校を卒業しても仕事が無い等の絶望する事のない社会構造を創っていかなければと一人胸に誓った。
  少数ではありましたが、送辞や答辞そして、小林校長の式辞・PTA会長の祝辞など一言一句
  子供達の胸に響く貴重な挨拶でありました。


          平成17年度(7年前)~現在平成(23年度)まで 増減 
小学校が一年から六年まで 4,799名    4,037名     △762名 
中が校が一年から三年まで 2,624名    2,269名     △355名


b0084826_141435.jpg
b0084826_1412314.jpg

















b0084826_1414868.jpg
b0084826_142190.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2012-03-10 14:02

葬送の儀

  平成24年 弥生3月  人の命は儚泡沫の如くとありますように

  先月2月27日、妹の旦那が享年59才で永眠3月2日秋田市で葬儀続いて
  3月 6日大潟村の叔母が87才で死去、男鹿の船越の斎場でしめやかに執り行われた。
  いずれ、年齢がどうこうでは無く身内が逝くと言うことは特に感極まる。
  あのときこうだった、あのときこうしてやれば良かった等数々の想い出が蘇る、不断は
  いつでも会える機会があると思って、なかなか会あえないでいて、そしてある日突然危篤の知らせ
  が届いてあわてる。三週間で三人も葬送するとなると、本当に大変だ。
  地域でも亡くなる方が多い、生まれた話はあまり聞かないが死亡のニュースはよく入る。
  しかし、今あるをご先祖様に感謝して、亡くなった人のご冥福を祈るばかり…合掌
b0084826_915541.jpg
  五人姉弟の一番下の妹の旦那、故籾山達雄(三月二日)
b0084826_92649.jpg

















b0084826_922183.jpg
 大潟の叔母・故トクヨ(三月九日)
b0084826_923227.jpg
















b0084826_19172983.jpg
三月十六日、元矢島駅前「まるご」商店の佐藤キサ子の葬儀・故キサ子の父の実家が我が家
b0084826_19174079.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2012-03-10 09:02