佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム HPはこちら 秋田県 由利本荘市 市議会議員 佐藤勇のfacebook 佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム 議会報告はこちら

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本国は毅然と正面から

   平成26年 3月0日    新聞の切り込みから

   私達日本国国民は、主権国家日本・戦後一貫して平和主義を
  貫いて来た日本、国際貢献して来た日本、国際ルールに則り外交
  政策を築き上げてきた日本、私は日本がもっと強い国でありたいです。
今いろいろな方が、言論の自由で平和ぼけで様々な自由な物の言い方
 をしている方もおりますが、日本は民主主義国家です、法治国家日本です。
  個人、人権を尊重する安全で安心な国だからこそ何でも言える日本なのです。
四方を海に囲まれております、いざの時どうするのでしょうか、きれい事、
絵空事では国や国民は護れません。理想を追い続ける言動や行動をして
  いる一部の人たちは、日本の国だからこそ好き勝手にやれるのです。
  命を賭して国を護り、民を守って生き抜いて来られた先祖があって、いま
  私達があることを忘れてはならない。

 b0084826_13211961.jpg
b0084826_858317.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2014-03-20 13:21

由利本荘市アグリフオーラム

  平成26年 3月18日   本荘グランドホテル於

    第3回 由利本荘市農業大賞・農業活性化事例報告会
   
     農業が今、TPPや50年続いた減反政策の廃止などを前提に揺れている中で
   しっかりと根を下ろし、頑張っている個人や集落ぐるみの活動が盛んに行われて
   いる事を証明するもので、他の農家の刺激になったのではと思います。
  表彰者の皆さん
b0084826_5233647.jpg
  村上幸一さん・鳥海りんどう
b0084826_5234798.jpg


















b0084826_5244323.jpgb0084826_5245327.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2014-03-19 05:24

由利本荘市立矢島小学校卒業式

  平成26年 3月15日  矢島小学校25年度卒業式

     第17,172号卒業生(25年度卒業生34名)
  
   人数こそ多くはないが、一人一人の真剣なしかも
  生き生き輝く瞳、姿に感動を覚えました。また校長の
  式辞も感極まる者がありました。
   さすがは、伝統と歴史の町にふさわしいとつくづく
  思いました。先生方の子供達に対する取り組みも
  心から伝わってくるようでした。先生、方矢島の子供を
  ありがとうございました。
b0084826_771181.jpg
  卒業の歌を合唱の六年生
b0084826_772044.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2014-03-16 07:07

恒例の矢島町スポーツ賞授賞式

  平成26年 3月14日・矢島町日新館市民ホール

   佐藤 公会長・矢島町体育協会では、平成25年度スポーツ賞
 授賞式を盛大に開催しました。
小学校からシニアまで、指導者や選手でその年に特に頑張った
 方を規定に基づいて表彰するものです。
 25年度は、山岳会、本校ボート・弓道、由利高バレー、小学校陸上
         団体矢島中学校女子卓球が表彰された。
   ネットからですが、スポーツマン精神五箇条に加えて、アシックスの
   創設者・鬼塚喜八郎氏の履歴書から、六番目として「スポーツマンは、転んだら起きればよい
   失敗しても成功するまでやればよい」
と名言を遺しました。
b0084826_8403233.jpg
[PR]
by isamu_satou | 2014-03-15 08:40

日本よもっと強くなろう


平成26年 3月12日 『平成23年 3月11日は東日本大震災午後2時46分』
      悪夢のような大津波に日本が震撼した一日、語るすべなし。
      とにかく一刻も早く元ののどかな東日本へ復興を願わずにいられない。
      昨日の11日は常任委員会で、由利本荘市全庁黙祷を捧げた。
今は、この無惨な姿は、現在綺麗に片づけられ、復興が遅々として進まないと言う方もいる一方で
    着実に元の姿に戻りつつあると思います。いまこの画像を云々することはと思いましたが、
あまりにも衝撃が大きく、いまなおこの画像のまま私の目に瞼に焼き付いて離れません、一刻も
早く元の綺麗な東日本に再現出来ますよう心から祈念して…。  
b0084826_9414351.jpg
b0084826_9415470.jpg






















b0084826_9203438.jpg
b0084826_9204730.jpg




















  いま韓国と中国は恩知らずで恥さらしな行動を顧みず
日本たたき、日本を貶める、常軌を逸した世界宣伝をしている。
  なりふり構わぬ行動で世界各国へ悪宣伝をエスカレートしている。
日本人は、あまりにもおとなしいと思っていましたが
  頑張って我が国の尊厳と名誉プライドを維持発展に努力している
方々もいる事を知り頼もしい限りです。
  以下は、その団体の意見を転載します。転載許可OK
南京大虐殺どころの話ではない。それ以下の移動売春婦に
関する捏造を韓国政府が行っている。歴史を現代の価値観
でしか見ることのできない韓国政府に対して、日本政府は
あまりにも軟弱な姿勢である。河野談話をうまく利用し、既に
韓国政府は米国を巻き込み、日本を不利な状況に追い込んでいる。
韓国政府は捏造された歴史認識を日本に強いており、世界中で
ウソの拡散をしている。韓国には愛国教育と称して、中国同様の
反日教育を行っており
、それこそ、日韓友好などは夢のまた夢と化している。
韓国の一方的な反日により、我が国でも反韓意識が広がっている。
それこそ、金正恩や習近平はニヤニヤしながらこの状況を見ている
であろう。ウソで固められた韓国を変えることはもはや不可能に近い
北朝鮮の工作員に踊らされた韓国に対して、何をしても何を
言っても無駄である。
しかし、韓国以外の国には歴史の真実を伝えねばならない。
沈黙している日本政府をあてにせず、米国の日系人は韓国のウソ
に対して立ち上がった。我々日本人が応援せねば誰が応援すると言うのだ
。これは日本人全体の問題である。
訴訟費用の応援は以下の「歴史の真実を求める世界連合会
(GAHT)」までhttp://gahtjp.org/
【産経2/21-立ち上がった日系人、「捏造された歴史の被害者にはならない」】
 米国カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去を求めて、
日系人や在米日本人らが立ち上がった
。慰安婦像の撤去だけでなく、
市が慰安婦募集の強制性を裏付ける証拠を持たないまま像を設置
したことを明るみにできれば、米国内で生じている慰安婦問題への
誤解を解く貴重な機会ともなる。
 「日本は捏造(ねつぞう)された歴史の被害者だ。この被害から
逃れるには、積極的に加害者と闘う必要がある、国際社会では
自分でやらなければだれも助けてくれない」
 原告の一人で、南カリフォルニア在住の目良(めら)浩一
元ハーバード大助教授(80)は、訴訟に踏み切った動機をこう語る。
目良氏らは、像のそばのプレートに日本軍が強制連行したと記述
されたことなどに“義憤”の念を抱き、日本をおとしめようとする試
みをただそうとしている

 米国内ではすでに慰安婦像・碑が設けられた4都市以外にも、
新たに設置する動きがくすぶっている。原告は訴訟を通じ、将来、
提訴される可能性があることを周知することにより、自治体や議会
による新たな設置の動きに歯止めをかけようとしている。
 また、グレンデール市が連邦政府の外交権限を侵害していることが
認定されれば、「日本海」の表記に代えて韓国政府が主張する「東海」
表記を浸透させようとする州レベルの動きに対する牽制(けんせい)にもなる。
 今回の提訴に当たり、原告はオスマン帝国時代のアルメニア人虐殺に
端を発した、さまざまなトルコ対アルメニア訴訟の経験を持つ米国
弁護士事務所と契約し、態勢を整えた。
ただ、最大の懸念は訴訟費用の確保だ。訴訟準備の初期費用は原告が
自ら負担したが、訴訟が長期化すれば資金不足となるのは必至。このため、
原告の一部がメンバーとなっているNGO「歴史の真実を求める
世界連合会(GAHT)では日米両国で寄付金を募る。
 日本政府は、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平
官房長官談話に縛られて身動きが取れない。訴訟を通じて慰安婦問題
の真実を正そうとしている目良氏らは、正しい歴史を後世に伝えたいと
願う日本人による強い支援を求めている。(田北真樹子)
 「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」への支援は、
以下のGAHTのホームページまで
http://gahtjp.org/
日本政府はこの件に関して、河野談話で縛られており、
身動きがとれない。日本のアサヒやNHK同様にウソを認めているのである
韓国との関係は既に壊れており、まともでない彼らの条件など呑むことはできない。
韓国は日本の都合など一切考えていない。日本は常に韓国の事情を考えて
いるのだが、そうした姿勢もそろそろ変えないと時間も金も無駄である

ほんとうに嫌な国である。
そんな嫌な国に仕立て上げた張本人は、日本国内のアサヒやNHKである。
こちらの罪も頗る重い!

[PR]
by isamu_satou | 2014-03-12 20:31

日本よモット強くなろう

   平成26年 3月 8日 土曜日

   由利本荘市は、定例の3月議会が5日から19日まで開かれます。
 初日、会派代表質問で市民クラブを代表して、大項目7点について
  質問しましたが、今回私が声を上げたかったのは、市行政には直接
  的な質問で無いにせよ教育の重大さを説きたかったのがねらいでした。
   次期総合計画について、市債の計画的償還、経常収支比率の目標値
  農業問題、本庁舎、木質ペレット、高齢者サービス付き住宅、市のトップセールス等、教育の問題等
  ①我が国の正しい歴史認識の教育について
  ②主権国家日本国民としての自覚を養う教育について
  ③学習指導要領解説改訂について
  ④教育委員会制度改革について
  についての質問ですが、いま、中国、韓国があまりにも
 執拗なまでの且つ低俗な形で、日本の悪宣伝、日本の国を辱め貶める反日活動を国際的規模で
 展開している事に憤りを禁じ得なかったのです。
  どちらにも法外な戦後補償金とODA経済援助と無償のものや、低利のもの計り知れない
 国家援助をしてきた。
   根拠の無い歴史捏造を平気で行う、幼少期からの反日教育の徹底、常軌を逸した行動
 は、目に余る、全日本国民よ目をつむるな、嘘と非常識な中国、韓国を野放しにするな
b0084826_9434237.jpg
 
[PR]
by isamu_satou | 2014-03-08 09:43