佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム HPはこちら 秋田県 由利本荘市 市議会議員 佐藤勇のfacebook 佐藤イサム(佐藤勇)HPはこちら佐藤イサム 議会報告はこちら

戦没者追悼式・県道通行止区解除

 
  18年 8月24日
 
 4:00起床、ヘリ防除へ7:30分まで、朝は矢島の多賀部食堂で
おもいおもいのオーダーで朝食、総勢9名・肉うどん、中華うどん
がまた特別美味しい~肉増し大盛り特注。
 8:00に自宅に帰って、朝風呂ヒゲを剃って9:45分まで本荘の
文化会館へ入館との事で結構時間無し。
 
 拝礼・黙とう・君が代斉唱・式辞・天皇陛下のお言葉(録音)・追悼の言葉
の式次第でした。
 議員も一人ずつ壇上で献花、生まれて初めて…。

 今年、5月から通行止めの県道大川端線が今日の10:00より開通した
これまで陸の孤島といって良いくらい不便な思いをした直根地区の皆さん
に、まず『えがったな』と言いたい。一見見るとなにもしていない、ただパイル
を打ち込んで並べただけのようにしか、目で見えるところではそうしか思えない。
 何故、3ヶ月もの間調査と称して止めていたのか不思議なくらい。
仮だから、完全開通はまだ分からないがほぼ元のように通行できました。

  出来れば、今日その現場写真を撮って来たので、ここに載せたいと思い
 ましたが、それが分からなくてだめです。
  また、昨日のプログに紹介した、集団疎開を受け入れてくれた多寶山・
 大蔵寺の全景なども現場写真を撮って来たので載せたいと頑張ったけど
 うまく出来ません。
[PR]
# by isamu_satou | 2006-08-24 21:23

集団疎開


  疎開(そかい)あまり聞いた事の無い言葉とおもいます。
 現在は、あまり使われない言葉となりましたが、これは第二次
 世界大戦末期に於いて、米軍による本土爆撃に備え、大都市の
 国民学校初等科学童をより安全な地域に一時移住させた事を
 言うのです。
  勤労動員という名目でもありました。
 疎開には個人、家族単位、集団などがあったようです。
  ちょうど今から60年前、現在のお茶の水女子大学付属高校
 の女子生徒一年・二年合わせて109名が、石沢に集団で疎開
 して来た当時の女学生による記念文集を発刊したことによる記念
 祝賀会が開催されました。
  由利地方で、いや秋田県でこんなに大勢の集団疎開があった
 こと事態あまり知られておらず、非常に珍しく感慨深いものがあ
るのでは無いでしょうか、当時初めて民宿させた農家の方、お寺
 多寶山・大蔵寺に109名もの女子生徒受け入れの為、にわかに
 設備を整える為に奔走した様子や当時の暮らしぶりや、お嬢さん
 育ちの十三、四才の子供たちの感受性・語学力のすばらしさ・従
 順さ・なれない農作業の手伝いの様子等が忍ばれる価値のある
 一冊と思います。
  今の年齢の子供たちと比較した場合の文章力など興味のある
 ところです。
  戦争については、いろいろな角度で色々な機会で論議されてお
 りますがあった事実として、真摯に受け止め平和のありがたさを
 実感しているひとりです。
  市販されております、皆さんもご一読を。

  無明舎出版・由利本荘市教育委員会編
  
[PR]
# by isamu_satou | 2006-08-23 21:57

無人ヘリ防除


  朝4:00起床、ヘリポート(と言っても農協倉庫借り)へ4:30分
  集合、暑くて眠れない夜を過ごしているにもかかわらず真剣な取
  り組みが始まる。
  矢島町の稲作のおよそ6割くらいが、当組合に農協から委託を
 受けた部分で面積はだいたい350~370㌶くらいか。
 若者7~8名で二機を操縦、一日約70㌶位の防除面積である。
 今日は、午後からあいにくの雨で、午前中だけにする、連日の猛暑
 はみんな汗でびっしょり、しかし天気がよろしくないと、この作業も
 お手上げだ、我慢してがんばろう、みんなまじめで働き者の社員と
 自負している。
  今日が、三回目の第2日目である。
 
 ☆ 話は違いますが、一応ホームページらしきものを始めてから○
  年になりますが、私のはとっても幼稚でもあり、本来の書き換えも
  出来ないで何ヶ月もそのままにしておいたりの、はずかしい限りで
  す、ただ出来れば議会は、年に4回あるのでその定例会ごとに、
  何か皆さんに報告をしたいなあ、と言う気持ちで始めたのでありま
  して、今後も確約は出来ませんが、どうにか教わりながら続けたいと
  思いますので宜しくご指導ください。
    分からない事だらけですが、怒らないで教えてくださいね。 
[PR]
# by isamu_satou | 2006-08-21 17:23